出会い系アプリで出会うときは、LINEやメールアドレスを交換することができれば、ほぼ確実に出会えると言っても過言ではありませんが、中にはLINEのIDやメアドをいきなり教えてくる誘導業者やラインやアドレス交換に応じる援デリのサクラもいるので注意が必要です。

最初のメールでラインやメールアドレスを送ってくる女性は誘導業者、ラインやアドレスの交換ができても待ち合わせ場所を勝手に指定したり、「条件(お願い)あり」「最初だけ2万円」を要求してくる女性は援デリのサクラと見分けて無視すると被害に遭う危険性を減らすことができます。

本当に出会える一般の女性利用者は、5回~10回程度のアプリ内メールをやり取りしてからでないと普通はLINEやメールアドレスは教えないので、その点から見分けるのが攻略のポイントです。

  • Update

    誘導業者の手口と対策
    出会い系アプリには、素人の女性のふりをしてラインのIDやメールアドレスを男性に送って直接やり取りをして、最終的にダミーのプロフサイトなどに誘導しサクラ詐欺の出会い系サイトに登録させる悪質な誘導業者がいます。その手口と特徴、騙されないための見分け方について解説します。